レディ

部分痩せに絶大な効果を発揮する脂肪吸引について

わきがの治療

脇

全国各地のクリニックでは、わきがの度合によっていくつかの治療法が用意されています。ご自身の症状がどの程度のものなのか、カウンセリングによって確認し、症状に応じた治療を行なうと良いでしょう。症状ごとの治療方法を紹介していきます。
まず、わきがの症状が軽度である際に用いられる治療法について取り上げます。一般的には、投薬治療がよく用いられます。塗り薬や飲み薬で治療を行なうのです。主な製品としては、塩化アルミニウムが含まれた液体や臭化プロバンテリンを含んだ内服薬が挙げられます。こういった製品はクリニックで適切な処方をしてくれます。市販薬も存在しますが個人によって適合性があるため、クリニックでの処方が無難です。
続いて、軽度から中度のわきがに対する治療法を紹介します。代表的なものはボトックス注射と電気凝固法です。ボトックス注射とは、脇の下にボツリヌス菌を含んだ薬剤を注入することで汗の量を減らすという治療法です。ボツリヌス菌の働きにより発汗の働きが抑えられるのです。わきがそのものの臭いを除去するのではなく、発汗自体を抑えるというわきが予防法となっています。電気凝固法は、電気針を毛穴に刺し、高周波の電流を通すことでわきがの原因となるアポクリン汗腺を破壊するという治療法です。
最後にお伝えするのは重度のわきがに対する治療法です。それは直視下手術法と非直視下手術法という二つの種類に分けられ、そこからさらにいくつかの施術方法に分類されます。いずれもわきを切開するなどといった「手術」の面が強い分、その効果は絶大です。